淳風会ロングライフホスピタル概要

患者様、受診者様に寄り添い、選ばれる病院であり続けるよう、当院に関わる皆様お一人おひとりを全人的な視点でとらえ、私たちに出来ることは何か問いかけながら、日々誠実に前向きに予防医療、地域医療、慢性期医療に取り組んでいます。

ごあいさつ

院長写真

当院は昭和31年4月財団法人淳風会を設立、結核病棟136床の旭ヶ丘原病院としてスタートいたしました。その後、淳風会健康管理センターと連携し働く世代の健康管理および健康増進を支援し、高齢者世代の健康寿命を延ばすため、内視鏡センターの拡充、地域のかかりつけ医としての機能、良質な慢性期医療の提供に努めてまいりました。

平成30年(2008)「旭ヶ丘病院」から「淳風会ロングライフホスピタル」へ名称を変更し、現在に至ります。
新しい病院名は、病院と健康管理センターが両輪となり、的確に役割分担を行い、皆様からより一層信頼される医療機関を目指すことを法人の内外に宣言するものでありました。

① かかりつけ医的心を持ったプライマリケア診療
② 良質で幅の広い慢性期医療の提供
③ 消化器内視鏡検査を軸にした健診機能の充実

上記の3つのを前面にかかげ、患者様、受診者様に寄り添う(Beside You)あたたかい心をにして、「健康寿命の延伸」という大きな(目標)にすすんで参ります。

消化器内視鏡検査、診療は、当法人医療部門トップ(セクター長/当院副院長兼務)春間賢医師、健康管理センター長 井上和彦医師を中心に、間部克裕医師(健康管理センター倉敷 センター長)はじめ、経験豊かな医師によって運営されています。

プライマリケア診療は、井上和彦先医師(当院副院長、日本病院総合診療医学会指導医)の学術的背景をもとに、院長久本、長年の病院管理者経験のある新谷医師、健診経験豊富な眞部医師を中心に実践しています。2023年4月からは、新進気鋭の若手医師の参画も予定しています。

患者様、受診者様に寄り添い、選ばれる病院であり続けるよう、私自身関わる皆様お一人おひとりを全人的な視点でとらえ、自分に出来ることは何か問いかけながら、日々誠実に前向きに地域医療に取り組んでいきたいと考えております。
スタッフ一同初心に立ち戻り、地域住民の皆様、地域の医療機関、各施設の皆様からなくてはならない医療機関としてご評価いただけるよう、より一層努力してまいる所存です。今後ともご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

院長 久本 信實

基本理念

一の柱

やさしさと奉仕のこころ

二の柱

患者様本位の全人的視点をもつこころ

三の柱

安全と安心を提供するこころ

四の柱

自己啓発のこころ

当院外観

概 要

名 称
一般財団法人 淳風会 淳風会ロングライフホスピタル
理事長
原 一穂
病院長
久本 信實
所在地
岡山市北区万成東町3番1号
電 話
086-252-1185
FAX
086-253-5468
開 設
昭和31年4月
診療科目
内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、糖尿病内科、内視鏡内科、リハビリテーション科
病床数
医療療養型病棟:60床
受付時間

午前 9:00~12:00
午後 14:00~17:00(土曜休診)

休診日
日曜日、祝祭日、お盆、年末年始、土曜日の午後
面会時間
月~土曜日 14:00~20:00
日・祝祭日 10:00~20:00

厚生労働大臣の定める掲示事項

病院名
一般財団法人 淳風会 淳風会ロングライフホスピタル
病棟種別及び病床数
療 養:2病棟/60床

i.看護に関する事項

  1. 当院は厚生労働大臣が定める基準による看護を行っている保険医療機関です。
  2. 当院は同基準のうち療養病棟「療養病棟入院基本料」(20:1看護、20:1看護補助)について中国四国厚生局長に届出を行っています。
  3. 当院の病棟では、1日に9名以上の看護職員(看護師、准看護師)、かつ9名以上の看護補助者が勤務しています。なお、時間帯毎の配置は次のとおりです。
    • 朝8時30分~夕方16時30分まで、看護職員および看護補助者1人当たりの受け持ち数は10人以内です。
    • 夕方16時30分~深夜0時30分まで、看護職員および看護補助者1人当たりの受け持ち数は30人以内です。
    • 深夜0時30分~朝8時30分まで、看護職員および看護補助者1人当たりの受け持ち数は30人以内です。

ii.保険医療機関の従業員以外のものによる看護(付添看護)に関する事項

当院においては、患者様の負担による付添看護は行っておりません。

iii.入院時食事療養(Ⅰ)・入院時生活療養(Ⅰ)に関する事項

当院では、入院時食事療養(Ⅰ)・入院時生活療養(Ⅰ)の届出を行っており、管理栄養士または栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)、適温で提供しています。

iv.中国四国厚生局長への届出事項に関する事項

  • 療養病棟入院基本料(療養病棟入院料1)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅲ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅱ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • ニコチン依存症管理料
  • 薬剤管理指導料
  • 療養病棟療養環境加算1
  • 入退院支援加算
  • 医療安全対策加算2
  • 感染防止対策加算3
  • がん治療連携指導料
  • 認知症ケア加算
  • 検査・画像情報提供加算及び電子的診療情報評価料
  • 病棟薬剤業務実施加算1
  • 在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料
  • 短期滞在手術等基本料1

v.保険外負担に関する事項

  • 差額徴収病室(特別室・個室)は入室希望の患者様に対して利用していただきます。
  • 疾患別リハビリテーションの標準的算定日数(保険適用の期間)を超えてリハビリテーションを希望される場合、自己負担となります。
  • 文書料につきましては各種診断書料をご負担いただきます。

※詳細は別 表を参照ください。

vi.詳細な明細書交付に関する事項

患者様からの求めに応じて、診療報酬の詳細な明細書を交付いたします。

平成30年11月7日現在