ワクチン接種・予防接種

当院で提供している各種ワクチン・予防接種の一例です。これらは特にワクチンにより発症や重症化リスクを抑える効果が期待できるものです。普段の健康管理にうまくワクチン接種を取り入れて、感染症に強い毎日をお過ごしください。

ワクチン接種をご希望の方は、事前にお電話にてご予約の上、ご来院ください。

※当院のワクチン接種の対象者:小学4年生以上となっております。 ※小学3年生以下のお子様は、恐れ入りますが小児科へお問い合わせください。

高齢や既往症をお持ちの方など、ワクチン接種を推奨する方を下記の通り記載しています。参考になさってください。

不活化ワクチン·トキソイド

新型コロナウィルス(Covid-19)

ご予約は岡山県新型コロナウイルスワクチン接種予約受付システムからお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。

インフルエンザ

ご予約は不要です。なくなり次第終了となります。

詳しくはこちらをご覧ください。

肺炎球菌

肺炎球菌は成人が日常でかかる肺炎のうち、一番多い原因菌です。唾液などを通じて飛沫感染します。その名のとおり「肺」に感染して「肺炎」を起こします。また菌血症、敗血症、髄膜炎などを起こすこともあります。日本では肺炎で亡くなる方のほとんどが65歳以上の高齢者であり、約3~5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているというデータがありますので、高齢者の方には強く接種をおすすめします。
(ワクチン名称:ニューモバックス、プレベナー)

帯状疱疹

帯状疱疹は神経に潜んでいた水痘・帯状疱疹ウイルスが、免疫力低下などにより活性化して発症する皮膚疾患です。日本人は幼少期に水疱瘡に罹患していることが多いため、成人大多数がこのウイルスを保有していると言われています。 帯状疱疹になった後の神経の痛みが残る重い後遺症「帯状疱疹後神経痛」は、なかなか治りにくいので、ワクチンでしっかり予防しましょう。
(ワクチン名称:シングリックス/2回)

B型肝炎

B型肝炎ウイルス(HBV)による急性肝炎で、主に輸血、注射針の使い回しなどの不適切な医療行為で感染します。倦怠感、疲労感、食欲低下の後、嘔気嘔吐、腹痛、黄疸などの症状が現れます。
全ての年齢に水平感染(親子感染以外の感染)の可能性がありますので、すべての方に接種をおすすめします。さらに、血液により感染しますので血液感染のリスクが高い方には強く接種をおすすめします。
なお、B型肝炎ワクチンは、世界で初めて実用化された「がん予防ワクチン」です。
(ワクチン名称:ビームゲン、ヘプタバックスⅡ)

A型肝炎

A型肝炎はA型肝炎ウイルスによる一過性の感染症で、水や食品を介して感染することが多く、B型およびC型肝炎と比べると慢性化することは稀ですが、感染すると急な発熱、虚脱感、食欲不振、吐き気、黄疸などの症状が現れます。
(ワクチン名称:エイムゲン)

破傷風

破傷風菌により発生し、致死率が非常に高い病気です。主に傷口に菌が入り、発生する毒素により様々な神経に影響を与えます。

日本脳炎

日本脳炎ウイルスにより発生し、蚊を介して感染します。以前は子どもや高齢者に多くみられた病気です。突然の高熱、頭痛、嘔吐などの他、意識障害や麻痺等の神経系の障害を引き起こし、場合によっては後遺症を残すことや死に至ることもあります。
(ワクチン名称:ジェービック)

生ワクチン

麻 疹・風 疹(混合ワクチン)

麻疹·風疹混合ワクチンを接種することによって、95%以上の人が麻疹·風疹に対する免疫を獲得することができると言われています。また、2回の接種を受けることで1回の接種では免疫が付かなかった方にも免疫をつけることができ、さらに接種後の経年により免疫が低下した場合も、追加のワクチンを受けることで免疫を増強させる効果があります。

風 疹

風しんは、風しんウイルスによって起こる急性の発疹性感染症です。発熱や発疹、リンパ節の腫れなどの症状が現れ、大人がかかると関節痛などを伴い長引くことが多いです。

麻 疹(はしか)

麻疹は麻疹ウイルスによる感染症で、空気感染、飛沫感染、接触感染により強い感染力で伝播します。発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状に加え、肺炎、中耳炎を合併しやすいので注意が必要です。

おたふくかぜ

ムンプスウイルスよるもので、かかっても軽症の場合が多いのですが、重い合併症を引き起こすこともあるので、ワクチンによる予防が重要です。

補助・助成について

お住まいの市町村によっては、各種予防接種の無料券配布や、補助や助成を受けられる場合もありますので、各自治体の保健福祉局などにお問い合わせいただくか、ホームページ等でご確認ください。

ワクチン・イメージ

けんしん受けてカラダ点検!