086-252-1185に電話をかける086-252-1185

ご予約・お問合せはお電話で

  • 内視鏡センターについて
  • 内視鏡センター
  • 胃カメラ・胃内視鏡検査
  • 胃カメラ・胃内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
内視鏡検査:よくあるご質問とその回答

下部内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸がんは予防できるにもかかわらず、大腸がんで亡くなられる方の数は1年で5万人以上に上り、2021年のがんによる死亡原因で大腸がんは、女性で1位、男性で2位と高いリスクを示しています。
淳風会ではがんの早期発見や予防に取り組んでおり、特に当院では、専門のスタッフと最新の機器による「苦しさや痛みへの配慮した安心の内視鏡検査」、「前処置から検査を通して快適な内視鏡検査」で、少しでも多くの方にこれらのがんのリスクを回避していただけるよう努めています。

「大腸がん」は予防できます

対象部位大腸(結腸と直腸)と小腸(回腸)の一部

下部内視鏡検査(大腸カメラ)では、肛門から内視鏡(先端の細くなったスコープ)を挿入し、ポリープやがん、炎症などを観察、診断します。検査の過程で組織の一部をとって調べる「病理組織検査/生検*」を行ったり、ポリープや早期大腸がんであれば、その場で切除や治療を行います。
なお、当院で処置・治療が困難な病変に関しても、信頼できる連携医療機関を紹介いたしますのでご安心ください。
大腸がんのほとんどは、腺腫という大腸ポリープから起こります。その腺腫を切除することで大腸がんは予防できます。当院ではポリープ切除術(ポリペクトミー/ポリペク)・内視鏡的粘膜切除術(EMR)により、発見された病変の90%以上が当日中に処置、治療されています。

大腸ポリープの早期発見・切除は、現在可能な最善の大腸がん予防です
しかし残念なことに、健康診断や人間ドックで「便潜血陽性」「要精密検査」の結果をお受けの方で、実際に精密検査(内視鏡検査)を受けられる方は半数程度(淳風会の統計による)です。
つまり、予防・治療できるがんの半数が、今なお見過ごされているということになります。
予防できるがんをミスミス見逃さないためにも、特に健康診断や人間ドックで便潜血陽性の方は、一日でも早い大腸カメラによる検査をおすすめいたします。

*病理組織検査/生検について:当院では、消化管専用デジタル病理検査「パソネット」と契約しており、高解像度デジタルスキャナとインターネットを組み合わせることで、通常は10日以上かかっていた精度の高い病理検査結果を、数日でお伝えすることが可能になりました。パソネット

FACT SHEET – 大腸がんの現況

近年日本のがん部位別死亡数でも上位に位置している大腸がん。自覚症状のない早期大腸がんですが、検診や人間ドックで便潜血陽性の場合、大腸カメラは高い精度で有効です。

日本人のがん部位別死亡率

大腸がん

女 性:第1位

男 性:第2位

生涯の大腸がん罹患率

女 性:13人に1人

男 性:10人に1人

生涯のうちに大腸がんにかかるリスク

生涯の大腸がん死亡率

女 性:37人に1人

男 性:30人に1人

生涯のうちに大腸がんで死亡するリスク

出典:「がんの統計 2022」公共財団法人がん研究振興財団より

苦痛や下剤の煩わしさが当たり前だった大腸カメラは、今、苦痛やストレスの少ない検査へと変わろうとしています。そして、わたしたちが少しづつ変えていきます。

近年、検査機器の進歩や医療技術の発達、さらには検査環境の改善などにより、内視鏡検査は以前より苦痛や痛みが少なくなっています。少しでも多くの方に安心して内視鏡検査に足をお運びいただけるよう、日々向上に努めています。

検査実施日・検査時間

平 日
土曜日
午 後
検査時間:
15分~30分程度*

*ただし治療を行う
場合を除く

※当院で前処置をする場合は、専用個室にて午前中約3時間要します。

下部内視鏡検査(大腸カメラ)は、前処置〜検査終了までトイレ付き専用個室をご利用いただけます。また、ご自宅等で事前に下剤を服用いただいた後に検査にお越しいただくことも可能です。

当院ではこのような方が検査をされています。
  • 苦しくない検査をご希望の方(専門医・細いスコープ・鎮静剤など)
    • 専門医が検査します。
    • 苦しくない細い内視鏡スコープを使用します。
    • 最新の機材を使用します。
    • 鎮静剤の利用が可能です。
  • 快適な検査をご希望の方(専用個室・自宅洗浄・女性医師など)
    • 検査室は全て個室です。
    • お一人お一人専用の控室(個室)をご用意。
    • 個室を使わず自宅洗浄*で検査のみの短時間の来院も可能。
      *前処置の下剤による腸内洗浄をご自宅で事前に行います。
    • 女性医師が在籍しています。
  • 淳風会健康管理センターで要精密検査の方で「ワンステップ」の検査をご希望の方
  • 健康診断や人間ドックで便潜血陽性の方
  • 血便、便秘、下痢などの症状がある方
  • 下腹部、大腸に不安のある方
  • 親族に大腸がんの方がいる方
  • 検診をご希望の方
  • ご自宅で下剤を服用したくない方

当院における検査の様子:大腸内視鏡検査/下部内視鏡検査(大腸カメラ)

当院の下部内視鏡検査(大腸カメラ)の様子

大腸カメラでわかる主な疾患
  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ(腺腫・非腺腫)
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • 虚血性腸炎
  • 感染性腸炎
  • 大腸憩室
大腸カメラのながれ
専用個室ご利用の場合の一例です。(個室を使用しない方法もございます
  1. 受 付
    レセプション

    一階受付から二階内視鏡センターにご案内

    一階受付にて下部内視鏡検査(大腸カメラ)でご来院の旨をお伝えいただきますと、案内スタッフが二階の内視鏡センターにご案内いたします。
    内視鏡センターのロビーにてセンターのスタッフが諸々お手伝いいたします。そちらで本日のながれや必要事項を説明いたします。

  2. 専用個室へご案内
    専用個室入り口

    本日お過ごしいただく専用個室へ

    検査当日を快適にお過ごしいただけるよう、トイレを備えた専用個室を設けております。
    スタッフが本日のお部屋にご案内いたします。

    専用個室を使わず、病院への滞在時間を少なくすることも可能です。

  3. 前処置
    専用トイレ

    専用トイレ付きで安心の前処置

    専用個室で検査着にお着替えいただき、大腸内をきれいにしていただく薬剤をお飲みいただきます。
    個室には専用のトイレがございますので、他の方や便意のタイミングを気にすることなく前処置を行っていただけます。(前処置時間:約3時間)

    ご自宅で前処置をしていただくことも可能です。

  4. 検査開始
    検査室

    検査室にご案内〜検査

    プライバシーが保たれたゆとりのあるスペースで熟練の医師が専門の看護師と検査を行います。痛みを和らげるための鎮静剤の使用も可能です。(検査時間:40分~50分程度)
    また、早期がんなどはこの場でポリープを切除して対応いたします。

  5. リカバリールームへ
    リカバリールーム

    検査後のリラックスしたひととき

    カーテンで仕切ることができる、半個室のリカバリールームで検査時の緊張や疲れを暫し癒していただきます。

  6. 医師より説明
    医師より説明

    検査や処置の説明を医師から行います

    検査後の説明は、検査室と同じフロアの広々とした診察室で落ち着いて検査医より行います。
    当院では90%以上のポリープを切除することが可能ですが、さらなる検査や治療を要する病変が発見された場合は、信頼できる当院と連携している医療機関を紹介いたします。

  7. 再び専用個室へ
    専用個室

    検査説明の後は、それぞれの個室にお戻りいただきます

    検査説明の後は、それぞれの個室にお戻りいただき、お帰りの身支度を行なってください。検査当日はお一人様専用個室につき、セキュリティーやプライバシーに関するご心配は無用です。

  8. お会計・ご帰宅
    会計

    一階の会計にてご清算の後ご帰宅

    これで全ての行程は終了です。気をつけてお帰りください。
    なお、鎮静剤を使用された方で自家用車でお越しの方は、くれぐれもご自身では運転されないようご注意ください。(必ずご家族などお連れ様が運転してください。)

滞在時間を少しでも短くしたい方は

専用個室をご利用いただかず、ご自宅等で前処置をしていただき、検査のみにお越しいただくことで来院時間を最小限に抑えて、時間を有効にお使いいただくプランも可能です。
ご自身の都合に合わせてお選びいただけます。(予約時にご相談ください。)

下部内視鏡検査(大腸カメラ)のながれについてはこちらの動画もご参照ください

「下部内視鏡検査(大腸カメラ)の受け方」(オリンパス「おなかの健康ドットコム」)より

ポリープ/がんとその切除について

ポリープやがんなどの病変は、大腸カメラにより高い精度で見つけることができます。

ポリープ/がんの発見頻度(2020年)

2020年の淳風会集計データ:便潜血陽性による再検査を受けた1,598名の受診者のポリープ/がんの発見頻度より

年 齢 受診人数 大腸がん 大腸ポリープ
男 性 女 性 男 性 女 性
40才代 538人 3.0% 2.6% 37.8% 21.6%
50才代 442人 6.4% 1.0% 53.1% 32.6%
60才代 337人 6.5% 0.8% 54.4% 33.6%
50代男性の場合

が ん:16人に1人

ポリープ:2人に1人

50代女性の場合

が ん:97人に1人

ポリープ:3人に1人

大腸カメラを受けた方のうち、実に2〜5人に1人の割合でポリープを発見! 年齢とともにその確率も上がっています。

小さながんは内視鏡治療だけで根治できます。

ポリープ/がん切除の一例

下の写真は便潜血が陽性で、大腸カメラで発見されたポリープがんです。ポリープの一部ががん化していましたが、「ポリペクトミー(ポリープ切除術)」により、内視鏡で完全に切除できました。

ポリープ切除

内視鏡先端のスネアという輪状のワイヤーに通電してポリープを切除します。止血が必要な場合はクリップをかけることもあります。検査当日に短時間で行う処置です。

がんやポリープで大きくないものや広がっていない限局性ものは、検査当日、内視鏡だけで切除・治療が可能です。(入院は不要です。)

まずポリープの根元部分に注射をして切除部分を盛り上げてから切除する方法(内視鏡的粘膜切除術/EMR)もあります。

当院の下部内視鏡検査(大腸カメラ)へのこだわり

  • 苦しさ、痛みに配慮しています
  • 快適性・プライバシーに配慮しています
  • 日帰り手術で90%以上のポリープを当日その場で切除
  • 可能な限り最新の機器や薬剤を導入しています
  • 淳風会 健康管理センターとの連携で無駄のない「ワンステップ」の検査を
  • 大きなポリープやがんも、他の多くの医療機関と連携していて安心
  • 市街地からほど近い、閑静で見晴らしの良い立地です

当院における検査の様子:大腸内視鏡検査/下部内視鏡検査(大腸カメラ)

当院の下部内視鏡検査(大腸カメラ)の様子

検査費用

  3割負担 1割負担
検査のみ 約7,000 約2,500
検査

病理組織検査
(生検)
約10,000 約3,500
検査

ポリープ切除*
約27,000
約33,000
約10,000
約15,000

*ポリープの大きさや数により金額は異なります。

※金額は全て税込みです。
初診料、再診料などが別途必要となります。
上記は参考価格です。使用する薬剤の種類、鎮静剤使用の有無などの条件により金額は異なります。


内視鏡検査に関するよくあるご質問とその回答をまとめました。痛みや検査時間、プライバシーや治療に関する疑問など、様々な方面からのお声を掲載しています。